〈 双子育児 〉授乳のコツは「タイミング」

双子の授乳はタイミングがPOINT-子育てのしるえっと-
  • URLをコピーしました!

双子は可愛さに癒される反面、出産前から不安なことも多いですよね。

産後しばらくはヘロヘロな体でこなす2人分の育児に「時間がない」「寝れない」「辛い」と思うことがあると思います。

余裕がないと赤ちゃんの泣き声さえ辛くなってしまいます。育児を楽しむために、少しでも自分に余裕を作りたいですよね。

双子育児を楽にするポイントは「授乳のタイミング」です。

ミルクでも母乳でも関係なく、いつでも始められる、とてもシンプルな方法です。

この方法は双子に限らず、授乳中の方のお役に立つ情報かと思います。

では、さっそく授乳のコツについてお話ししていきます。

もくじ

\ Pointはこれだけ /
双子の授乳は「同時」に行う

結論からお伝えすると……

双子の授乳のポイントは「同時授乳」

これだけです。

基本的に2人一緒のタイミングで授乳をします。ミルク・母乳・混合など、どんなスタイルでも同様です。もし1人が寝ていても、優しく抱っこして起こして授乳をします。

一般的には「赤ちゃんが泣いたら授乳をしましょう」と教わることが多いです。しかし双子の場合は、泣いてから対応するのでは、とてもお世話が追いつきません。

ただ、赤ちゃんにもある程度決まった生活リズムがあります。

赤ちゃんが泣く前に先手を打って対応するには、赤ちゃんの生理的な生活リズムを理解していなければいけません。

次は、赤ちゃんの生活リズムを簡単に説明します。

赤ちゃんの生活リズム

生後間もない赤ちゃんの1日の睡眠時間は16時間前後、2〜3時間の睡眠と45分ほどの覚醒(起きている時間)を繰り返します。

昼夜のリズムがない生後3ヶ月頃までは、24時間体制で2〜3時間おきに授乳しては寝るという生活になります。

では、なぜ授乳がキーポイントなのでしょうか。

ここからは、同時授乳をするメリットについてお話ししていきます。

双子の同時授乳メリット1
「同時に寝てくれる」

生後間もない赤ちゃんは「起きている時間=ほぼ授乳時間」となり、授乳後おなかが満たされると眠りにつきます。

つまり同時に授乳をすれば、

ふたりの睡眠のリズムが一緒になります。

ふたりが同時に寝てくれれば、その間にママも休むことができます。

赤ちゃんの生活リズムを理解し管理することで、生活に余裕ができ、子育てライフを楽しむことにつながると思います。

ママは昼夜関係なく赤ちゃんに寄り添いお世話をし、産後しばらくは睡眠不足の状態が続きます。この辛さは実際に経験するまで理解するのが難しいですよね。

心身の健康を保つためにも、休める時間を確保することはとても重要なことです。

双子の同時授乳メリット2
「一緒にお腹が満たされる」

双子育児でよくあるのが、赤ちゃんが2人同時に泣いてしまうこと。

これも日常的に同時授乳に慣れていれば、2人の欲求を一緒に満たしてあげることができます。

お世話をしている時に、泣き声を聞き続けるのは辛かったので、これも大きなメリットと言えます。

まとめ

赤ちゃんの生活リズムを理解し授乳のタイミングを管理できると、双子育児をぐんと楽にしてくれます。

とはいえ赤ちゃんも人間です。

毎日同じスケジュールとはいかないので、泣くことが多い日は「疲れているのかな」と優しく寄り添ってあげましょう。

今すでに睡眠時間すら確保ができず「育児が辛い」と思っている方は、ぜひ試してみてくださいね。

これからも著者が学び、試行錯誤してきた「子育てを楽しむためのコツ」や「辛い時期の乗り越え方」なども発信していきます。

日々育児を頑張っている、あなたのお役に立てたら嬉しいです。

thanki-さんき-

双子の授乳はタイミングがPOINT-子育てのしるえっと-

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

Profile

3 kids mom / around 40
kids > 2014' boy & 2018' twin girls
job > nurse × writer

もくじ